ブログ

$logo_alt
2018年02月22日

高血圧症

血圧が高くなる原因は、動脈が硬くなったり血液がネバネバしてきて流れにくくなるからだといわれます。 では、なぜ動脈が硬化するのでしょう。なぜ血液がネバネバしてくるのでしょう。   コレステロール・脂肪を取り過ぎからだ、とよくいわれます。 しかし、単純な疑問をひとつ。 口から入れたものは、どこを通って体の中の細胞・血液の中に入っていくのでしょう。 そう、腸です。腸がかしこく働いていたら、不必要なものは取り入れません。 人間の口はいやしいので、食べ物を分別して口に入れるということは、かなり修行がいります。   これに比べ、腸はもともと賢いので、本来の働きができるように腸内環境を整えておけば、必要不必要は自然に分別してくれます。 しかし、この自然の腸能力が発揮されないと、肝・腎に負担がかかります。 負担がかかり過ぎた時の「悲鳴」は、肝と腎では異なります。   肝は、カッカと火が燃え過ぎる様な感じ。 陣は、あ~疲れたと言って怠けてたまりしてしまう感じ。   こうなったら、動脈の弾力性・みずみずしさがなくなり、また血液もドロドロとしてくるイメージが湧くでしょう。 塩分の取り過ぎというのは、「悲鳴」をあげやすくするだけのことで、高血圧の原因ではありません。   血圧降下剤というのは対症療法で、真の原因療法ではありません。 血圧降下剤を続けて飲んでいれば高血圧の原因が解決できると思うのは誤りです。 また、熱を一時的に下げる解熱剤のようなイメージで血圧降下剤を飲んでおられる方もいますが、これも要注意です。 原因である腸に目を向けて下さい。   フローライト小雑誌より…   みなみ治療院 住所 東京都千代田区鍛冶町2-9-7 大貫ビル3F 電話番号 03-3258-6336 営業時間 10:00~19:30 定休日 土曜日,日曜日 最寄り駅 JR 銀座線 神田駅から 徒歩3分 当院facebookはこちら http://bit.ly/1sI9qTd

$logo_alt
2018年02月20日

肝臓病・腎臓病

腸が、外界からの入り口・玄関とするなら、体の中では、肝・腎が要です。 入口の門で、しっかり分別がついていないと、体の中では必要なものが足りなかったり、不必要なものが余ったりします。 するとまず、負担がかかるのが肝臓と腎臓。腸でやるべきことをやってくれないと、肝・腎はしなければならないことが増えます。   肝臓は氣のめぐりが非常に多いところ、腎臓は液のめぐりが非常に多いところ。 双方共ちょっとやそっとではへこたれませんが、負担も度をこしてしまうとお手上げです。 肝炎・肝硬変・腎炎・腎不全などがでてきます。 肝炎の時見られるヴィールスは、病氣の原因ではなく病氣の結果産物であり、病氣をさらに悪化させるものといえるでしょう。   フローライト小雑誌より……     みなみ治療院 住所 東京都千代田区鍛冶町2-9-7 大貫ビル3F 電話番号 03-3258-6336 営業時間 10:00~19:30 定休日 土曜日,日曜日 最寄り駅 JR 銀座線 神田駅から 徒歩3分 当院facebookはこちら http://bit.ly/1sI9qTd

$logo_alt
2018年02月19日

アトピー性皮膚炎・喘息

皮膚は、体の外側にあって外界と接しています。肺・腸は、体の内側にあって、肺は外界の空氣、腸は外界の食物と主に接しています。 皮膚・肺・消化管はひとつながりです。ですから、腸で起きている事の影響は、皮膚・肺にでやすいのです。   最近は、人体外部の自然環境もバランスが乱れ、人体内部の生体環境もバランスが乱れてきており、 アトピー・喘息のような症状も慢性化・重症化の傾向が見られます。 とりあえず、私達がすぐにでも手がける事ができるのは、皮膚・肺とひとつながりである腸の浄化でしょう。 そうすれば、体内毒は不必要に滞ることがなくなりますから、皮膚・肺を通じた排毒の必要もなくなり、 皮膚はきれいになり喘息状態はおさまります。   子供のアトピーの場合には、母親の体内環境の悪化(体毒)が胎児に影響していることも見逃さないようにしましょう。 母親は、「子供の皮膚見て、我身ふりかえれ」です。子供のアトピー症状は、すべての人間の内外環境のアンバランスに対する 「警告注意報」で、決して子供自身の体質だけの問題ではありません。   フローライト小雑誌…より   みなみ治療院 住所 東京都千代田区鍛冶町2-9-7 大貫ビル3F 電話番号 03-3258-6336 営業時間 10:00~19:30 定休日 土曜日,日曜日 最寄り駅 JR 銀座線 神田駅から 徒歩3分 当院facebookはこちら http://bit.ly/1sI9qTd

$logo_alt
2018年02月17日

すべての病氣の根はひとつ

特に現代は、がん・成人病などがどんどん増えています。 病氣はややこしくなって治らなくなる一方だと思われるでしょう。 ところがどっこい、病氣はなぜおきるのかという根っこを正しくつかめば簡単です。 腸がその根っこです。 論より証拠。自分自身の体で変化をみてみたらよいのです。代表的な病氣をいくつかあげて、具体的に説明してみましょう。     フローライト小雑誌より…   みなみ治療院 住所 東京都千代田区鍛冶町2-9-7 大貫ビル3F 電話番号 03-3258-6336 営業時間 10:00~19:30 定休日 土曜日,日曜日 最寄り駅 JR 銀座線 神田駅から 徒歩3分 当院facebookはこちら http://bit.ly/1sI9qTd

$logo_alt
2018年02月15日

自然治癒力

「自然治癒力が重要だ」とは、万人が認め万人が口にする様になっている事ですが、 この自然治癒力を増強する具体的な方法はといえば、これといった「決定打」がなかったのが実状です。 乳酸菌生産物質は、自然治癒力増強の決定打・逆転ホームランのようなものです。 それらは、生命体物質の極微レベルから、ちからを及ぼすためだと考えられます。   まず、乳酸菌生産物質が腸内に入ったら腸内常在菌(単細胞微生物)に働きます。 そして、腸内菌叢(フローラ)を有用菌優位になるように整理するのです。 腸内菌叢が有用菌優位になって生物活性が高まれば、当然腸内浄化がすすみ、血液をはじめとする体液のすべてがきれいになります。 そうすれば体液に浸っているといえる体内のあらゆる細胞は、生理機能が活性化し、本来の力を取り戻して働くようになるのです。 こうして、自然治癒力は発揮されるのです。   フローライト小雑誌より…     みなみ治療院 住所 東京都千代田区鍛冶町2-9-7 大貫ビル3F 電話番号 03-3258-6336 営業時間 10:00~19:30 定休日 土曜日,日曜日 最寄り駅 JR 銀座線 神田駅から 徒歩3分 当院facebookはこちら http://bit.ly/1sI9qTd